ほくろ除去治療は専門医院で受けよう【病院選びのコツを伝授】

ほくろ治療で人気の施術

鏡を見る人

クリニックで行われるほくろ治療は3種類

ほくろを自宅で除去しようと考えるとほぼ不可能だが、クリニックを利用すれば比較的簡単に除去することができます。また、医療技術の進歩もあっていくつかの選択肢から選べるが、その中でも最も一般的に行われているのがくり抜き法です。くり抜き法はその名の通りほくろの周囲を円形状にくり抜いて縫合する方法で、サイズが大きくても色素が濃くて皮膚の奥深くにまで色が付いていても対応可能で、さらには膨らんでいる場合でも除去できるので幅広い人に人気の施術です。ただし、担当医師のスキルによって施術後の見た目に差が生まれます。例えば熟練した医師が縫合すると顔のシワに合わせて縫合するので自然な仕上がりになるが、未熟な医師が行うと傷跡が残ったり皮膚がくぼむ可能性があります。次にほくろの除去ではイメージがあまりないレーザーも近年は施術で用いられることが増えてきました。ほくろの除去で使われるレーザーはスイッチレーザーと炭酸ガスレーザーのどちらかだが、この2つは異なるメカニズムで除去します。まず、スイッチレーザーはメラニン色素に反応するように光の波長を調節して照射することで徐々に色を薄くできる方法で、小さくて平らなほくろであれば比較的早く除去可能だが、一方でサイズが大きかったり膨らんでいると対応しきれないので他の施術を検討する必要があります。そこで登場するのがもう1つのレーザーである炭酸ガスレーザーで、ほくろに含まれる水分を蒸発させることで除去するが、これはサイズが大きくても膨らんでいても除去可能なのでスイッチレーザーで対応できないほくろはもちろんのこと、くり抜き法の代わりとしても用いられることが多いです。施術時間も5分程度と短く施術後1週間から10日と短いダウンタウンで皮膚が再生するので、肌への負担が軽くて済みます。また、施術したその日から洗顔なども可能なので、この負担の軽さから仕事帰りに利用する人もいるほどです。どの施術でも肌への負担が軽くてダウンタイムも短いので手軽に利用できるが、それでも施術後のケアなど気を付ける部分は多々あるので担当医師の指示に従ってください。